かめら歩き
右端の人は大忙し
プロフィール

にゃお

Author:にゃお
・・・・・・・・・・・
かめら歩き
新館へ引っ越しました。


http://camera0v0.exblog.jp/
 

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.03.30_10:27
リビアで反体制デモが広がったのは、
Facebook を使って呼びかけられたから。

東北関東大震災への支援の輪が、
Twitter を使って広がったこと。( クローズアップ現代3/29 でみた )

ひとりの声が、社会や大勢の人を
動かすことができる社会になってきたように思います。

桜の木

今回の原発事故で、
日本には多すぎる原発機が存在することを知りました。
さらに増設、強力化、の計画があったようです。

それを知っていたら、
私は、反対~!とつぶやいていたかもしれません。

政治は、政治家がすること (・・官僚 !? )。
と思っていました。

でも今、国民が声を束ねて、社会を動かせる環境が、
インターネット上にある・・!

遠回りでも、良い社会をつくっていきたい!
という世論をつくるためには、

国民が、政治や社会を理解して、
賢い思考を持たなければ、なりません。

賢くない私が書いているのもヘンですが・・。

Twitter のアカウントを持つのもいいかな。
と思ってみたわけです。 
  
スポンサーサイト


2011.03.27_18:04
私が生まれた時から、お付き合いのある方が、
病気になられたときいて、
お見舞いへ行ってきました。

その方は、いつも人の心に寄り添っておられる方で、
人と共に喜び、悲しみ、必要に手を伸ばし、
独りでいる人を元気付けるために、足を運ぶ、
愛情深い人です。

大好きな人です。
多くの人もその方を好きで、
お見舞いの人がおしかけている様子でした。

猫

物も、お金も、地位も、称賛も、
人を幸せで満たすことはできません。

それをよく知っていて、
何が大切なのかを知っている人だと、
この方の生き方を見て、思うのです。
 

2011.03.23_20:48
実のところ、先週の原発の状況は、
私には、怖くて仕方がありませんでした。

もし、メルトダウンを止められなくなったとしたら・・?
はたして、人間におさめられるんだろうか・・?
といった、恐怖に近い気持でした。

先の見えない不安と恐怖。
それに、立ち向かっていく人たちがいました。

杉

放射能の中で、働いている人たちがいます。
どんなに怖いだろうと思います。
家族はどんなに心配だろうと思います。

この人たちに、大きな感謝と感動の気持が、
たっくさん、向けられていることは、まちがいありません。

もう少し、杉林くらいに明るい光が、
この危機的状況に、射してくる日を願って・・!
 

2011.03.21_11:00
悲しくて怖い、10日間が過ぎました。

多くの人が亡くなった現実と、
愛する人を失った人たちの悲しみがつらく、
身内を探す人たちの不安がつらくて。

被災された人たちの現状がつらく、
放射能の恐怖感がつらくて。

助けの手がなかなか届かない現状と、
広大に続く、悲惨な光景が悲しくて。

救済のために働く人たち、
放射能の中で作業する人たち、
被災者の人たちの、助け合う姿に感動し、
何もできない自分を思うのです。

生き残った人たちが、
生きていて良かったと思う未来をつくるために、がんばろう。
それが、自分にできることです。

梅

私といえば、ダメージを受けたのは、自分の精神状態で、
心配な人たちのこともあります。
家は多少壊れているっぽい・・?

” うちへ避難して来て! ”
と言ってくださる方が、何人かおられ、
とてもありがたく思っています。

そんな言葉は、海外から多く、
日本の現状は、広い世界から見ても深刻です。

被災地の現状と、被災者の人たちの心にも、
はやく春が来ますように!
 


2011.03.14_11:48
気圧の変化が地震のきっかけになるといいます。

この写真は、地震前日に撮った、
ドンヨリした空。

はと

テレビを見ていると、あまりにも悲惨な状況に、
涙が止まらなくなってしまいます。

必死に、救済や原発の対応に当たっている人たちがいて、
助けを待っている人たちがいて、
あまりにも多くの人たちが亡くなって・・。

ここ東京では、
主にガソリンなどの物資不足、
電力不足による、交通などへの影響があります。
余震や原発の状況に、びくびくしています。
でも被災地の状況に比べたら、小さなことです。

自然の大きな力の前では、
私たちはあまりにも無力です。

被災地の人たちの為に自分ができることは、
今は祈ることくらいです。
  



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。